薄まってしまった鹿島の遺伝子

スポンサーリンク

鹿島の「生え抜き」2人の執念。
ジーコイズムは次代に受け継がれる

押し込まれながらも少ないチャンスをモノにして、先制点を奪った場面では”らしさ”が感じられたが、前半終了間際にセットプレーから立て続けに2失点。勝ち方を知るチームとは思えないもろさを露呈し、FC東京にあっさりと逆転を許してしまう。

“常勝軍団”の面影はどこへやら……。開幕から不調が続く鹿島アントラーズは、この日も何かがおかしかった。

開幕前から予兆はあった。ザーゴ監督を招聘し、スタイル変更を求めるなかで、産みの苦しみを味わうことは当然考えられた。

加えて今季の鹿島は、他チームから多くの即戦力を補強。戦力アップに期待が持てた一方で、チーム作りを滞らせる遠因になるのではと予想された。実力者であっても、フィットに時間がかかるケースは多々あるからだ。

鹿島が常勝軍団であり続ける背景には、脈々と受け継がれてきた伝統があるだろう。ジーコが植えつけた勝者の哲学は、先輩の姿から学び取った後輩たちへと引き継がれていく。

たとえば、秋田豊の後継者として岩政大樹が台頭し、その後は昌子源が継承した。柳沢敦、小笠原満男、中田浩二、本山雅志らも先達を乗り越えるために研鑽を積み、自身の立場を築いていった。

内田篤人や大迫勇也、柴崎岳といった面々も、ジーコイズムの正統後継者だったと言えるだろう。若手がベテランを乗り越え、主軸としての自覚を備える。そのサイクルがあるからこそ、鹿島は強者で続けた。

もっとも近年は、そのサイクルを築くことが難しくなっているのも事実。若手の台頭を待つ前に、主軸が海外へと移籍してしまう。内田をはじめ、大迫、柴崎、昌子、鈴木優磨、安部裕葵らが次々にチームを離れた。

本来は下からの底上げを待ちたいところだろう。だが、その時間が足りないなかでチーム力を保つためにも、補強に力を入れるのは当然のこと。海外移籍が特別なことではなくなった時代、この流れはますます加速していくはずだ。

外部からの血が増えれば、伝統は薄れかねない。ジーコイズムを知るものが少なくなったことを、鹿島の低迷と結びつけることは、あまりにも短絡的すぎるだろうか。

FC東京戦のスタメン11人のうち、生え抜きはわずかにふたりだった。一方で新戦力は、外国籍選手も含めて4人を数えた。ビルドアップを重視するそのスタイルも、鹿島らしさは希薄に感じられた。

試合はこれまでと同様に、立ち上がりから苦しんだ。前半からFC東京のプレスをもろに受け、思うようにボールを前に運べない。逆にFC東京のスピーディな攻撃を浴び、失点するのは時間の問題かと思われた。

そんな苦しい状況を救ったのが、生え抜きの遠藤康だったのは、何かを象徴しているように感じられた。

2トップの一角に入ったこのレフティは、試合当初こそ前にとどまっていたものの、ボールが出てこない状況を鑑みて、次第にフリーマンのように自在なポジション取り始める。遠藤がボールに触る機会が増えると、徐々に鹿島の攻撃に流れが生まれ、防戦一方の展開は徐々に解消されていった。

先制点の場面も、この遠藤が起点となっている。在籍14年目を迎えたベテランアタッカーは、戦況を見極めたしたたかな振る舞いで、チームに流れを呼び込んだのだ。

そして、1点ビハインドで迎えた後半に同点ゴールを奪ったのは、こちらも生え抜きの土居聖真だった。後半途中からピッチに立つと、遠藤のクロスをダイレクトボレーで合わせて、敗色ムードが漂うチームを救った。

「今日に限って言えば負けていたところもありますし、個人的にも結果がほしいとずっと思っていた。どんどんゴール前に顔を出せればと思っていたので、それが結果につながってよかったです」

サイドハーフながら積極的に中央のエリアに侵入し、がむしゃらに結果を求め続けた。勝利を渇望するそのプレーに、ジーコイズムを叩き込まれた生え抜きの執念が感じられた。

その後も攻勢を仕掛けた鹿島は、終了間際に遠藤があわやというループを放つなど、最後までFC東京を追い詰めた。結局、決定打は生まれず2−2の引き分けに終わり、再び最下位(清水と並んで17位タイ)に転落している。

それでも、後半に見せたパフォーマンスは今後につながるものだった。FC東京の運動量が低下した隙を突き、一気呵成に相手ゴールに迫っていく。その鹿島らしい反攻を牽引したのが、ふたりの生え抜きだったことは見逃せないポイントだ。

鹿島らしさとは何か。それは底を知らない勝利への渇望だろう。一昨季、内田を復帰させたのも、その血を絶やさないための一手だったに違いない。

そして、次代を担う有望株の育成にも労力を惜しまない。昨季、前倒しで鹿島入りを果たした上田綺世をはじめ、高校サッカー界を沸かせた染野唯月、荒木遼太郎、松村優太の高卒ルーキートリオも、ジーコイズムの正統後継者となり得る人材だ。染野にいたってはすでに戦力のひとりに数えられている。

「自分自身、厳しい環境で揉まれながら成長していくタイプだと思っている。一番激しい競争が待っているところだと感じたので、鹿島を選びました」

静岡学園高のエースとしてチームを日本一に導いた松村は、ジーコイズムを会得しようと、あえて厳しい環境を選んだと明かしている。新しい血は確実に流れ始めている。時間はかかるだろう。しかし、希望はある。

Webスポルティーバより)

鹿島アントラーズの強さとはジーコが植え付けた「勝者の哲学」と「底を知らない勝利への渇望」にあるとこの記事に書かれています。

これをこの記事ではジーコイムズと表現されています。

鹿島イムズやジーコスピリットとも言われている鹿島アントラーズが常勝チームとして20冠の獲得をできたのは、間違いなくこれがあったからです。

今季の鹿島は確実におかしくなってしまいました。

若手が育ってチーム内で確固たる地位を築き海外に移籍するというサイクルが非常に短くなったから、という理由で、外部から「良い選手」をたくさん補強しました。

それはでも、例年のことではあるわけなんですけど、

今季はザーゴが監督に就任してしまったことで、

本来ならば、移籍組の選手がチームに馴染み、フィットするという過程が完全に省略されてしまいました。

彼がやろうとしている「変なサッカー」で使いやすい選手がチョイスされてしまったからです。

チームに馴染み、チームのサッカーにフィットするというのは、つまりジーコスピリットが体に染み込ませるということであり、
それが省略されてしまうと、勝利者の哲学も無く、勝利への執着も人並み程度のただの良い選手によるサッカーしか見られなくなるわけです。

実際に鹿島は現時点で堂々の最下位であり、

時折、歯車が噛み合っていいサッカーになる局面はあるものの、

生え抜きでチームを牽引している遠藤が不在となると、
まったく違うチームになり、良い選手はいるけど勝てないチームに成り下がってしまいます。

勝者の遺伝子が薄まってしまった現状を見ると、このまま下位や中位に甘んじるチームに成り下がってしまうのではないかという危機感を抱かずにはいられません。

色んなチームが優勝したり優勝争いをして来たものの、長年に渡ってその強さを維持できずにJ2に落ちたり、J2に落ちたっきり昇格できずいるチームがいある中で、
鹿島アントラーズだけは、ほとんどのシーズンで上位に食い込み、
20冠を獲得できたのは、ジーコが植え付けた哲学があるからではないでしょうか。

今のザーゴはこれを根底から壊してしまっています。

時代に取り残されないために変えるべきところがあると言いますが、

時代が変わっても変えてはいけないものもあるのです。

今年の鹿島はアップデートではなく、OSまで変えてしまった。

これでは完全に違うチーム。

まだ間に合う。

ザーゴを解任し、鹿島らしいサッカーができる監督に交代するべきだ。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク