ザーゴ対片野坂監督

スポンサーリンク

鹿島ザーゴ監督「戦術浸透」元同僚片野坂監督を警戒

鹿島アントラーズのザーゴ監督(51)が30日、練習後のオンライン取材に応じ、現役時代のチームメート、片野坂知宏監督(49)率いる大分トリニータとの対戦(8月1日、昭和電ド)へ向けて思いを語った。

2人は96年シーズンに柏レイソルでともにプレーして、DFラインを組んだ間柄。18年、19年と2年連続で優秀監督賞を受賞した敵将を「偉大な人物」とたたえ、「守備が堅く、トライアングルでの速い攻撃を仕掛けてくるイメージ。オートマチックに動くなど、思っている戦術をうまく浸透させていると思う」と、就任5年目の完成度の高さを警戒した。

今季ここまで1勝にとどまる鹿島だが、ザーゴ監督は「昔一緒にプレーした人と違う形で関われるのはうれしいし、お互い向上して、良い結果を出せるようにしたい」と意気込んだ。

日刊スポーツより)

ザーゴは大分の片野坂監督とは96年に柏でプレーを共にしていたのですね。

ちなみに96年といえば、鹿島アントラーズが初めてリーグ制覇をした年でもありますよね。

あの頃の現役選手はアラフィフの年代となり、監督になっていたりするんですなあ。

それはさておき、

片野坂監督率いる大分には昨シーズンの開幕戦で藤本選手にゴールを決められまくって敗戦したのが今でも悔しくてたまりません。

当時の大岩監督のサッカーも酷かったのもあり、
昇格組の大分には勝てるだろう的な舐め腐った空気があった気もします。

ビッグネームがいるわけではないけれど、献身的かつ組織的な大分のサッカーの前に
完敗してしまった大岩サッカーでした。

では、ザーゴサッカーではどうか?

監督の手腕としては片野坂監督の上であるのは間違いないし

未だに自分の戦術の欠陥を認めないザーゴですので、

苦戦は覚悟した方が良いのではないでしょうか。

この期に及んで「戦術浸透」とか言ってるアホですからね。

「むしろその戦術で最下位なんだっつーの!」とデカいハリセンでツルツル頭をフルスイングでぶん殴りたいです。

監督がアホな以上、選手の個々の能力での打開に期待して信じるしかないと思っていますので

三竿には守備を締めて貰い、

遠藤には攻撃を牽引して貰うしかありません。

監督は信用していませんが、選手は信じてます。

頑張れ、鹿島アントラーズ!

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク