大分戦の試合直後の感想

スポンサーリンク

快勝です。

エヴェラウドがハットトリックですよ。

そして今季、輝きを失っていた伊藤が後半終了間際にごっつぁんゴールを決めてくれました。

素晴らしい。

エヴェラウドのPK以外のゴールはどちらも前を向いた状態でパスが来たことが大きかった。

DFラインの裏へ抜けてボールを受けたシーンは「貰った」と思いましたね。

そして、遠藤空のおしゃれアウトサイドでのパスを土居の天才的なアウトサイドでパスでエヴェラウドに繋いだ瞬間も「貰った」と思いました。

前線でのポストという役割では輝けないですけど、前を向いてボールを受けるお膳立てをしてくれる選手がいれば、彼は輝けることが証明されましたね。

そのためには遠藤が必須ということも改めて証明されました。

ボランチがDFラインまで下がってしまうザーゴサッカーは、

フィールドの中央にポッカリとエアスポットのように空白地帯ができてしまっていました。

しかし、遠藤がそこまで下がって守備やボールの繋ぎ役をすることで、

その危険地帯を埋めることができました。

しかも遠藤がすごいのは、前線でゲームメイクしたり、サイドに流れてゲームメイクをするという仕事もしながらそんな重要な役割もしていたことです。

32歳です。

運動量も仕事の質も際立っていました。

プレーだけでなく声も出してチームを牽引する彼が体現していたのは鹿島イズム、ジーコスピリットでした。

本当に素晴らしい。

そして、曽ヶ端です、1失点後は流石の安定ぶりでした。

失点した瞬間は「衰えか」と思いましたが、

その後の安定したプレイを見る限り、あれは衰えとかそんなのではなく、

単に試合勘が乏しかったことが原因でしょうね。

GKがロングフィードを封印し、ショートパスだけに固執するのがザーゴサッカーですが

曽ヶ端は状況に応じてショートパスだけでなくロングフィードでフィールドを活性化してくれました。

GKからいつもショートパスをしていたら、いつか狙われますって。マジで。

パスといえば、レオシルバのパスが相変わらず精度を欠いていたのが気になりました。

守備はピカイチの出来で、危険な芽を摘み取りまくってくれていました。

今日の勝因の一つは彼の守備も挙げられると思います。

大分の今のサッカーと相性が良かったのもあるかもしれませんが、

久しぶりに快勝で安心できました。

ただ、ザーゴの采配は相変わらず謎ですね。

92分まで交代枠を3枚も残していたのは何故でしょうか。

真夏の試合で、連戦が続くというのに何を考えているのか理解に苦しみます。

今日の勝利でザーゴが延命されてしまったのも事実ですが、

とりあえず今夜は快勝の余韻に浸って寝ようと思います。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク