セットプレーでの失点を防げ

スポンサーリンク

鹿島・ザーゴ監督 セットプレーの守備意識を持て!選手に重要性説く「相手より先にボールを触る」

鹿島のザーゴ監督は課題のセットプレーの守備について意識の重要性を説いた。

今季16失点中7失点がセットプレーから喫したもので、改善が早急の課題。指揮官は「セットプレーは1対1のバトルでもある。相手より先にボールを触るという意識を持って臨んでもらいたい」と強調した。相手にはキックのスペシャリストである元日本代表MF中村も在籍しており、一層の注意が必要だ。

スポニチアネックスより)

 

セットプレーに弱い今年の鹿島ですが、
その原因は選手ではなくザーゴサッカーです。

ゾーンで守った結果、相手に自由を与えてしまう瞬間が発生しています。

本来ならば、ゾーンでの守備を止めるべきですが、

ザーゴは「先にボールに触る」ことで解決しようとしています。

いやいや、それができないから失点してるんですけどね。

CKの度に冷や冷やしながら見なくてはならない現状を

「先にボールに触れ」という指示で解決できると思ってるんですからね。

次戦の相手は横浜FCです。

あの中村俊輔選手がいるわけで、彼が出場して来たら非常に脅威です。

それでなくとも、そもそもCKやFKは冷や冷やするものですが、

今季は例年と比較にならないくらいセットプレーに対して弱いので

非常にストレスを感じてしまいます。

本来ならばJ2からの昇格組のチームが相手なのですから横綱相撲を見せて欲しいところですが、

果たしてどうなることでしょうか。

とにかくセットプレーでの失点は絶対に防いで欲しいものです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク