明日は内田篤人のラストマッチ!

スポンサーリンク

「あほか…涙」内田篤人の引退発表に鹿島のレジェンドOBが続々とコメント!ラストマッチの対戦相手には元“3番”の昌子源も

中田浩二氏は「最後は勝って、笑って送り出したい!」

鹿島アントラーズが8月20日に発表した内田篤人の引退に、クラブOBたちも続々と自身のツイッターでコメントを投稿している。

現在、鹿島のCRO(クラブ・リレーションズ・オフィサー)を務める中田浩二氏は、「篤人、一緒にプレーできて良かったよ!ありがとう!でも、お疲れ様はまだだね。最後は勝って、笑って送り出したい!」と、試合後に内田の引退挨拶が予定されている23日のJ1リーグ第12節のガンバ大阪戦を見据え、想いを伝えた。

さらにクラブ伝統の背番号3を背負って数々のタイトルを獲得し、現在は文化学園杉並中学高校外部指導員や、上武大学アドバイザーを務める岩政大樹氏は、「記事になるとまた寂しさがこみ上げてきます。よくやった、と思いますね」と内田引退の一報をリツイートすると、直後に続けてこう投稿した。

「23日は大変なことになった。”鹿島の3”を受け継いでくれた男が対戦相手としてカシマに戻ってくる。そして、”鹿島の弟”が引退だってよ。なんの因果だ。その試合の解説を担当させていただきます。彼らに失礼がないように、プロとして。しっかりと」

奇しくも内田の引退挨拶のある試合の対戦相手は、岩政氏の後を継いで鹿島で“3番”を背負った昌子源が、今季から所属するガンバ大阪。岩政氏にとっても感慨深い試合となることだろう。

また、上記の2人とともに、2007年から09年にかけてJリーグ3連覇を達成したチームで、内田と逆サイドの左SBを務め、現在JFAの登録代理人でFCティアモ枚方のオーナーを務める新井場徹氏は「あほか…涙」と一言だけつぶやいた。

同時期にボランチを務め、現在東京都社会人サッカーリーグ1部に参戦する南葛SC所属の青木剛は、「篤人…良い思い出ばかりです…ありがとう」と感謝を綴った。

鹿島の伝統を受け継ぎ、多くのOBからも愛された内田は、どんな言葉で引退を報告するのか。ラストマッチとなる23日のG大阪戦を見届けたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

サッカーダイジェストWebより)

 

鹿島OBの面々からも引退を惜しまれる内田篤人です。

明日のG大阪戦の出場があるのかザーゴだけに読めませんが

絶対に出場して「これぞ内田篤人」というプレイを見せて欲しい。

ジョルジーニョ、奈良橋、内田と鹿島の2は最高の選手揃いですが、

生え抜きで、眩いばかりの閃光を放つようなプレイを見せてくれた内田篤人は

僕の中では「至宝」そのものです。

この最後の試合で燃え尽きるぐらいのプレイを彼はきっと見せてくれるはず。

明日の試合は彼のユニフォームで応援します。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク