内田篤人の引退試合 G大阪戦の感想

スポンサーリンク

内田篤人の引退試合となったG大阪戦は1-1の引き分けとなりました。

この大事な試合のスタメンは下記の通り。

GK:沖
DF:広瀬、関川、犬飼、杉岡
MF:土居、三竿、レオ・シルバ、和泉
FW:アラーノ、エヴェラウド

やっぱり内田篤人のスタメン起用はありませんでしたが

広瀬の負傷によって前半15分から内田が投入されました。

やっぱりプレイの質が違いましたね。

スプリント回数は若手だった頃よりも格段に減ってしまいましたが

それでもここぞという場面では鋭い駆け上がりで攻撃を演出してくれました。

後半アディショナルタイムのゴールは内田が起点でしたね。

守備も彼だと安定しましたし、本当に勿体ないと改めて思います。

引退を撤回してくれないでしょうかね。

勝って送り出したいところでした。本当に残念です。

 

前半一分の絶好のチャンスを和泉が決めてくれれば

エヴェラウドのシュートのこぼれ球を和泉が決めてくれれば

アラーノのシュートがヘロヘロでなければ

アラーノのシュートがもっと厳しいコースに行ってくれれば

G大阪の小野瀬選手をどフリーにしなければ

試合開始早々の攻防を制することができなかったことが全てです。

G大阪の守備が安定する前にゴールを奪うことができていれば、
篤人のために団結していた鹿島イレブンの牙城を崩すことはできなかったと思います。

引退セレモニーでのジーコの花束贈呈、篤人のスピーチ

痺れました。

本当にありがとう。そしてご苦労様でした。

人気者だけに引退後も引く手あまただろうと思いますが、

今後も鹿島に残って欲しいです。

 

いつもなら、ここの後に問題点の指摘とか文句とかを書くところですが、

内田篤人の引退セレモニーを見た後なので、

そんな気持ちになれませんので明日にでも改めて書きたいと思います。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク