改めて柏戦の感想を

スポンサーリンク

勝ったという結果を知った上での観戦とはいえ、

この試合は勝てる、と思える内容だった気がします。

警戒していたオルンガ選手に2ゴールを決められてしまいましたが、

1点目はオフサイド見逃しという誤審にまたもやられてしまった結果ですので、これは審判の能力の問題。

2点目は、オルンガ選手の個人の能力にやられてしまいました。
これは、決めたオルンガ選手を褒めるしかないでしょう。
敵ながらあっぱれでした。トラップでボールを置いた位置も絶妙で、
シュートも振りが早く、弾道もスポードも完璧でした。

「あれは止めて欲しい」的な意見もあるようですが、
あのシュートを止められる選手は世界中探して果たして何人いるんでしょうね。

なので、実質は1失点で抑えた守備陣ですが、

GKも4人のDFも素晴らしく頑張っていたと思います。

CBの二人はもちろん、過密日程なのに小泉と永戸が非常に機能していましたね。

攻撃も連携が深まったようで、連動した動きで攻め込むことができていました。

8月上旬までとは別のチームのようです。

特に三竿が小笠原満男が乗り移ったようにチームをまとめ、

守備で相手を潰し、攻撃では相手の急所を突いていました。

1ゴール1アシストを記録しましたが、

シュートも土居へのクロスも正確で鋭く、「勝つ」という気持ちが乗っていました。

なんだか、内田の引退でチームが変わった気がします。

練習から選手生命を削りながらバチバチとやり合うことで強い鹿島を先輩達が作って来た
という旨の言葉が引退セレモニーにありましたが、

その言葉が選手と監督に響いたのかもしれないなあ、と思いました。

この言葉でザーゴと新規加入の選手が鹿島アントラーズがどういうチームなのかを理解することができたのではないでしょうか。

古参の選手も「鹿島アントラーズとは」を思い出すことができたんじゃないでしょうか。

これまでは、鹿島らしくないと感じることもあった新規加入の選手のプレイが

ここ数試合は非常に鹿島らしく見えるのです。

また、ザーゴもようやく鹿島アントラーズというクラブがどういうクラブなのかを理解して来た気がします。

まだ2連勝なので油断はできませんが、

過密日程の中のアウェイ連戦を連勝できたのは非常に大きいです。

次戦もアウェイですが、一週空くので疲労を回復させることができると思うので、

4位の名古屋が相手とはいえ、期待して見ることができそうな気がします。

でも、やっぱり油断禁物。

この厳しさと勝利への執着心を持ち続けて勝利に邁進して欲しい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク