明日も輝く土居が見たい!

スポンサーリンク

【鹿島】我慢の時を経てトップ下を得た土居聖真「貯めた力と欲を開放している」

鹿島アントラーズの土居聖真が7日、ベガルタ仙台戦を前にオンラインで取材に応じた。チームは上位陣とのアウェー3連勝を飾ったが、中心として攻撃をけん引したのが土居だ。自身の状況と仙台戦への意気込みを語った。

みんなの自信と一体感を感じる

8月23日のガンバ大阪戦からトップ下で起用されている土居は以降の4試合で3得点。途中出場した柏戦の2発は記憶に新しいが、右サイドハーフから中央へとポジションを移したことで、まさに水を得た魚のごとく、生き生きとプレーしている。前節の名古屋戦でも相手を突き放す重要なゴールを決めた。

「名古屋も前半で0-2にされて、早い時間帯に1点返せればという気持ちがあったと思います。その中で僕らにとって悪い時間帯に失点してしまっていた。流れもちょっと相手に傾きかけたところで良い時間帯に点を取って、それを断ち切れたかなと思います」

決定的なプレーの数が増えているのは本人も自覚するところだ。

「正直、(リーグ)再開後はずっと右サイドハーフで出ていて、少しモヤモヤというか、『トップ下で出たいなあ』と心の中で思いながらやっていました。右サイドで出ていたときは『我慢だな』と自分に言い聞かせて、いつか絶対、トップ下で使われるときが来るだろうと思っていました。今は力を貯めていたというか、トップ下で出たいという欲が解放されたじゃないですけど、そういう思い。ガンバ戦からトップ下になったんですけど、そこからより自分らしいスペースへの飛び出しだったり、組み立ての部分だったり、チャンスメークの部分だったりというのが、思い切りやれるようになりました」

確かに、土居の飛び出しや中央でボールを引き出す動きが相手に脅威を与え、そして鹿島の攻撃を活性化させている。

「チームの攻撃に関して、より自分が担えるようになったと思います。そこから(自分の)得点も増えていますし、ずっと負けなしで来れているので、チームにとってよくなったかどうかは分からないですけど、自分個人としては(ポジション変更が)一つの転機と言いますか。右サイドでもしっかりやり続けていた結果、今、いい流れになってきているのかなと」

G大阪戦以降は3勝1分けの負けなし。とくにFC東京、柏、名古屋という上位陣とのアウェー3連戦で3勝を挙げたのは大きい。

「直近、上位にチームと対戦が続いているんですけど、そこに負けずに食らいついていけた。1試合ごとにみんなの自信と一体感を感じていますし、ここから這い上がっていかないといけないと思っています」

自信を携え、3連勝の勢いを駆って臨む明日9日のホームゲーム、ベガルタ仙台戦については「アウェー3連戦からホームに戻ってくるというところで、そこで得た自信や強さをしっかり見せなければいけないと思います。ホームで負けてはここまでの3連勝も無駄になってしまう。もう1回気を引き締めて。連戦でもありますし、チーム全体で戦えればと思っています」と意気込んだ。

まずは4連勝。そしてその先へーー。トップ下の土居は、未来も見据えて準備を整えている。

サッカーマガジンWebより)

 

トップ下で起用されるようになり、土居が輝きを取り戻し、チームも復調しました。

土居はサイドではなくトップ下でこそ輝くというのは、ずっと前から言われていたことですよね。
ザーゴが早くそれに気付いてくれれば、と思ってしまいますが
とにかく、土居がトップ下の選手であると認識できたことは監督として成長した証かもしれません。

「トップ下しかできないのかよ」的な発言を目にすることがありますが、
トップ下の選手なんだから仕方ない。

誰にでも輝けるポジションってものは絶対にあります。

もちろん、複数のポジションをハイレベルでこなせる選手もいますよね。
今の鹿島であれば、永木であったり、小泉であったり。

でも、そうじゃない選手も多いです。

広瀬、伊東、山本、杉岡にボランチをやらせることはないですし、
レオ・シルバにFWをやらせることもないでしょう。

その能力にあった起用方法ってものはどうしてもあります。

スピードがあり、パスもシュートも選択できて、小回りも効き、
得点のニオイを嗅ぎ分けることができるという土居の才能は
サイドではなくトップ下、
しかも2列目の真ん中ではなく、1.5列目でこそ花を咲かせることができるんだと思います。

今の土居は適正ポジションを掴み、そして自身も好調の波に乗っています。

仙台戦もゴールに向かって牙を剥、

ドールを決める土居の姿を楽しみにしています。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク