改めて仙台戦の感想

スポンサーリンク

勝ったことで浮かれてしまいましたけど、

セットプレーからの失点は相変わらずでした。

これはやっぱり大問題。

これまで完封勝利は鳥栖戦だけ・・・。

堅守が鹿島アントラーズの強みだったのに、これはマズイですよね。

昨日の失点シーンも、人数はいたのに棒立ちでした。

これは戦術のせいなのか、それとも各選手の問題なのか。

いずれにせよ、この改善は急務です。

たまたま枠からちょっと外れたけど、
仙台にとって惜しいチャンスが何度もありました。

ポゼッション率も高く、チャンスも作り出せていて、
シーズン序盤とは見違えるほどチームが出来上がって来てますが、
守備の問題をなんとかしないと、上位陣はおろか下位に沈んでいるチームにも
いつかボコボコやられる危険性がありますよね。

ザーゴがこの弱点をちゃんと認識して改善してくれることを願います。

 

さて、

そうは言っても、勝ったのは嬉しい。

小泉のアシストも、その起点となった荒木のパスも、荒木へ繋いだ土居も良かった。

シーズン序盤はこの連動性は本当に無かったので、本当に嬉しい。

ふと思ったのですが、
4連勝は小泉と荒木がちゃんと試合に出られるようになったのも大きいのかもしれないですね。

小泉は昨日は守備でミスがあってヒヤッとさせられたシーンがありましたけど、
ここまでできる子だとは思ってなかった。
いい選手だとは思ってはいたけど、スプリント回数も多いし、運動量も多いし、
チャンスに絡むシーンも多いし、本当に素晴らしいと思いました。

鹿島に足りなかったピースがようやく埋まった感じがします。

もちろん、荒木もですね。
本山が出場機会を減らし、
中盤でパスとドリブルと走力で攻撃を牽引する選手の登場を長い間待っていましたが、
荒木の登場ですべて解決してしまった感じがあります。

サッカーセンスの塊なので、インターセプトからのショートカウンターでチャンスを演出できるのも彼の武器。

前半にインターセプトからドリブルして土居に繋ぎ、
さらに土居を追い抜いてゴール前に入って行ったシーンは
何度見ても惚れ惚れしてしまいます。

そして、二点目の上田のゴールも、トラップが美しかった。
あそこからカットインして決めることができるわけだから、
今後はさらに期待できそうです。

あとは、三竿の存在感、永木の黒子っぷりも凄かった。

この両ボランチは最強なんじゃないかと思いながら見ていました。

これに好調時レオ・シルバが入れば、中盤の守備は安泰ですよね。

結果に結びつかなかったけど、
スプリント回数がチーム1位のアラーノがもっと怖さを発揮できたら
攻撃についてはかなりハイレベルになりそうな気がしています。

問題は完封勝利が一回だけの守備。特にセットプレー時。

これさえ解決できれば良いんですけどね。

ともあれ、4連勝なので気分が良いです。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク