湘南戦の感想

スポンサーリンク

7連勝ですよ、7連勝!

ガッチリ守る湘南相手に、パスが止められ、ドルブルは封じられ
本当に苦しい試合となりましたが、後半アディショナルタイムにアラーノゴールが決まりました。
そして、今季二回目の完封勝利となりました。

では、興奮冷めやらぬ状態ですが、スタメンから振り返ってみましょう。

GK:沖
DF:小泉、犬飼、関川、杉岡
MF:荒木、永木、レオシルバ、和泉
FW:遠藤、エヴェラウド

前節から4人が入れ替えとなりました。
出場停止の三竿、怪我をしたかもしれない土居と疲労蓄積中の永戸がベンチ外で、アラーノはベンチスタートとなりました

しかし、三竿がいないからか、レオ・シルバの出来がいま一つだからか、
中盤が締まらない印象を受けました。

また、荒木が警戒されてされてるしまっているのか、
湘南が「自由にやらせねえぞ」と言わんばかりにチェックして来てましたね。

引いた相手には荒木のゴリゴリそしてグイグイ行くプレイスタイルは効果があると思っていまいたが、
湘南の守備に手を焼いてしまいました。

また、杉岡のクロスは相手に引っかかるわ、ドリブルも止められるわで
せっかくの古巣対決にもかかわらず、なかなか輝くことができないでいました。

オーバーラップを仕掛けてもクロスが効果的なクロスを供給できないので
本人は相当悔しかったに違いありません。

小泉のオーバーラップもなかなかゴールに結びつかないわで
ボールを保持するもののシュートを打てない状態が続き、
引いて守る湘南を相手に停滞ムードの強い試合となりました。

60分ごろから湘南が攻勢を仕掛けて来ると、何度も決定機を作られることになってしまいました。

あれはよく守り切れました。
2~3点決められてもおかしくないほど大ピンチの連続でした。
本当に凌いだと思います。

あのピンチの連続の後は、再び鹿島がボールを保持する時間が多くなりましたけど
さすがこれだけ守られてしまうと、点が入る気がしなくなってしまいますよね。

これはスコアレスドローになってしまうかもしれない、多くの人がそんな気持ちになった後半アディショナルタイム。

アラーノの半ば強引なシュートがゴールネットを揺らしてくれました。

あの状況から「シュート」を決断し、こじ入れたのはマジで素晴らしかった。

試合終了後にベンチで泣いているアラーノの姿は、なんだか胸が熱くなりました。

いろんな思いが彼の中にあったんでしょうね。

彼の走りと積極性が実を結んだゴールとなりました。

ナイスゴール!

いやあ、これで7連勝っすよ。

スタメン4人を変えて結果を出せたことも大きい。

次節は犬飼が累積警告で出場停止となりますが、
奈良もいますし、三竿も出場停止が明けますので、おそらく大丈夫。

心配なのは前節で傷めたと思われる土居の足首でしょうか。

とにかく、過密日程の中での選手のやり繰りが大変ですが
今季は層が厚いので、これまで出場機会に恵まれなかった選手は
これを機にザーゴの中の番付をひっくり返す活躍をして欲しい。

総力戦で次節も勝ちたいですね。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク