次節は関川への期待が高まりそう

スポンサーリンク

【鹿島】連勝の功労者、関川郁万の信念「1対1で負けなければ失点することはない」

9月25日、鹿島アントラーズの関川郁万が練習後のオンライン取材に応じた。2月の今季開幕戦では苦杯をなめたものの、中断明けの出場試合は負け知らず。対人の強さで守備を支えるプロ2年目のセンターバックが、自身のプレーと守備での信念について語った。

「前半戦で取り逃した勝ち点を、まだ取り返せていない」

プロ2年目のセンターバックが存在感を放っている。リーグ中断明けはルヴァンカップも含めて10試合に出場し、いまだ負け知らず。リーグ戦7連勝中も、そのうちの6試合で先発フル出場しており、好調な鹿島の守備を支えている。ただ、中断前のリーグ開幕戦では広島に0-3の完敗。不調時の記憶も頭にあるのだろう、7連勝にも浮かれる様子はない。

「(連勝を)意識してはいません。(リーグ)前半戦で取り逃した勝ち点を、今はまだ取り返せてはいないので」

実際に試合では、ともにセンターバックでコンビを組む「ワンくん(犬飼智也)がすごく助けてくれる」と言う。他にも「健斗くん(三竿)だったり、カツくん(永戸勝也)も、沖(悠哉)くんもそうです。みんなで助け合ってできている」と、周囲の選手たちとも連係しながら戦っていることを明かす。

その中でも、守備の選手としての信念がある。「対峙した選手に、まずは負けないということは、自分の中に昔からある」。強豪・流通経済大柏高校時代にも心得ていたことだろう。当時から同世代でも対人の強さが際立ち、プロへの道を切りひらいた。「その中でどういうボールの取り方をするのか、意識しています」と、今は課題に向き合う。

9月27日に控える次節の大分戦は、犬飼が累積警告のため出場停止となる。連勝中は常に隣にいた頼れる先輩が不在となるが、さらなる連勝記録を伸ばすため、関川は目の前の相手に立ち向かう構えだ。

「まずは自分のところで1対1で負けなければ失点することはないと思う。そういう意識を強く持ってやっていけたらと思います」

鹿島の最終ラインに君臨する20歳の若きセンターバックは、まだまだ勝利にどん欲だ。

サッカーマガジンWebより)

 

フィジカルの強さと闘争心剥き出しのプレイで連勝を支えている関川です。

まだまだ粗さもあるかもしれませんが、二年目とは思えない彼の闘争心は非常に頼もしいですよね。

まだまだ粗さがあるのは否めませんけど、昌子も植田も最初から完成度が高かったわけじゃないし

秋田だって最初からトップレベルのCBだったわけじゃない。

場数を踏んで、そして成長して行ったのです。

今季の鹿島は完封がたったの二試合というわけで、改善の余地がたくさんあります。

それでも7連勝をしたわけですから、
ここから守備の課題をどんどん潰して盤石のものにすれば、
さらなる飛躍も現実になる気がします。

次戦は犬飼は出場停止のため、関川とコンビを組むのが奈良になるのか町田になるのか分かりませんが
負けん気の強さを全開にして完封勝利に導いて欲しい。

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク