大分戦の感想

スポンサーリンク

だからザーゴは信用できない。

久しぶりにザーゴの迷監督ぶり全開の試合となりました。

言いたいことはたくさんありますが、
まずはスタメンですよ、スタメン。

GK:沖
DF:山本、関川、町田、永戸
MF:アラーノ、三竿、永木、和泉
FW:名古、エヴェラウド

目を疑いましたよ。マジで。

相手を舐めすぎです。

これまで攻守に渡って連勝を支え続けた小泉がいませんでした。
疲労を考慮したものとして、小泉を温存したのは仕方ない。

にしても、左SBの山本を起用するってどうなのさって思いましたよ。

本職の伊東を干してまで山本を起用するザーゴのセンスが分からない。

山本は頑張ってはいましたが、やっぱり小泉のように右サイドから攻撃をしかけられませんでした。

それに、この試合は守備の要として奮闘して来た犬飼が累積警告で出場停止でした。

こんな危機的状況でDFラインの二枚を入れ替えるって。。。

しかも、犬飼の代わりが町田とはどういうことなのか。

今季の町田は不安定な守備っぷりを見せてしまっている町田ですが、

それでも犬飼がいることでなんとかなっていました。

町田は犬飼ありきでの起用で機能してい
、ここで町田を左CBに入れて
関川を左CBから右CBに変えるというのはどういうこと?

犬飼の代わりに奈良を入れた方がスムーズだった気がしてなりません。

この時点で嫌な予感がしたんですよね。

そして、トップ下が名古でした。

良い選手ですし、好きな選手。

しかし、トップ下の選手だろうか?

これまで交代でトップ下で結果を残して来たのであれば分かるけど

能力的には期待はできるかもしれませんが、

プレシーズンマッチじゃあるまいし、遠藤がいるにもかかわらずスタメン起用するのは理解不能でした。

また、交代策がおかしかった。

まず、エヴェラウドの交代。

カットインからシュートをことごとくブロックされていたことで交代したのでしょうか。
しかし、大分はどんな選手に対してもシュートコースに三人ぐらい入ってガッチリブロックしていました。

ガッチリ引いて、シュートを体を張ってブロックする大分の守備に手を焼いたのは事実ですが、

エヴェラウドを下げた結果、前線でボールが収まらなくなり、

前半とは違って、大分に簡単にボールを奪われてカウンターを許すようになってしまいましたね。

上田は1トップタイプの選手ではないですし、
1トップで起用するのであれば2列目にエヴェラウドを配置しないとダメでしょうね。

また、CBを本職としてる選手をベンチに入れてない上に

1点を追う局面でよりにもよってCBの関川を入れて守備をスカスカにしてしまいました。
町田が一人でDFラインを統率して、しっかり守ってくれるわけがあるわけもなく、

一対一の局面で踏ん張り切れずにボールを取られて攻め込まれるシーンまでありました。
これは酷かった。

ボロボロに崩されるシーズン序盤のザーゴサッカーに逆戻りです。

 

スタメン構成が相手を舐めすぎで、
交代策が意味不明でした。

これでJ1で勝てるわけがないですよ。
6連勝して指揮官の気が緩んだ結果だと思います。

とにかくザーゴは奈良と伊東の干し方が尋常じゃない。

下位に取りこぼしたのは本当に痛い。

タイトルを狙うのであれば、もっと真剣にスタメン起用から反省して欲しい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク