原点に立ち返って強さを取り戻せ

スポンサーリンク

鹿島小泉「しもさんの色ある」横浜FC戦へ原点回帰

鹿島アントラーズMF小泉慶(25)が7日、オンライン取材に応じ、柏レイソル時代に指導を受けた横浜FC下平隆宏監督(48)の印象を明かした。

18年にアルビレックス新潟から柏に移籍。当時監督を務めていたのが、現在横浜FCの指揮をとる下平氏だった。

8月の横浜FC戦に先発出場していた小泉は、対戦時の印象を「しっかりとビルドアップしてくるし、1人1人がボールを怖がらずに受ける印象がある。セカンドボールや1対1の部分もみんな頑張る。僕がレイソルのときは(ポジションは)ボランチだったけど、ビルドアップも球際もしつこく言われていた。チームが変わっても、しもさんの色はあると思ってやっていた」と振り返った。

下平氏がチームを去った19年シーズンはなかなか出番を得られず、同年夏に鹿島に移籍した。本職はボランチだが、右サイドバックもこなすユーティリティーさで、けが人が続出して苦しむチームを支えた。

今季も離脱中のDF広瀬に代わって右サイドバックでの出場が多いが、積極的な攻撃参加で得点を演出している。ただ、チームは2連敗中。小泉は「うちが勝っているときは、球際やセカンドボール、1対1を激しくできているとき。もう1回初心に戻ってやれたら」と足元を見つめ直した。

日刊スポーツより)

 

一対一の厳しさ、球際の強さ、そういう一つ一つの強度を高めることが鹿島の強さの原点。

さすが小泉、鹿島在籍二年目ということで鹿島イムズが根付いています。

次節の横浜FCとの試合では小泉らしい強度の高い守備と効果的なオーバーラップで鹿島を勝利に導いて欲しい。

小泉の右SBは鹿島の大きな武器になっています。
本当に鹿島に来てくれてありがとうって思いますよね。
彼がいなかったら今季の7連勝はなかったんじゃないでしょうか。

7連勝で監督が調子に乗ったことで迷走しつつあるチームを
選手の力でなんとしても軌道修正して貰いたいところです。
本来ならば監督の仕事なんでしょうけど、ザーゴにそこまで期待できるか微妙ですからねえ。

とにかく横浜FCの監督の手腕がザーゴより上だとしても、ダブルはやっぱり許されません。

なんとしても原点に立ち返って、しっかりと勝ち切る鹿島のサッカーを見せて安心させて欲しい。

あまりにも好不調の波が大きすぎる。

安定した試合運びと結果で優勝争いに食い込まないと。

 

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク