荒木の活躍で勝利を掴みたい

スポンサーリンク

【鹿島】代表活動で経験値を積み上げた荒木遼太郎。横浜FC戦は「勝って、勢いづけたい」と意気込み

「そこは自分も負けないような気持ちで」

世代別代表の活動で、また新たな刺激を受けたはずだ。

10月8日のオンライン取材に応じた荒木遼太郎は、同4日から7日まで参加していたU-19日本代表候補のトレーニングキャンプについて、次のように振り返る。

「普段は別のチームでやっている選手たちと、その場で合わせていく対応力とかはその場でしか感じられないものなので、そういう経験ができました」

キャンプ最終日にはJ2千葉とのトレーニングマッチが組まれ、後半の途中からピッチに立った荒木のポジションは、4-4-2システムのボランチだった。主戦場のサイドハーフではなかったが、普段から意識している“頭を使ったプレー”で及第点のパフォーマンスを披露した。

「来年のワールドカップに向けて、みんな強い気持ちを持っているので、そこは自分も負けないような気持ちで取り組みました」

同キャンプには、鹿島でチームメイトだった内田篤人ロールモデルコーチも参加。印象に残ったアドバイスに関しては「チームの時からそうですが、短いパスでも、長いパスでも、ちゃんと1本にこだわって、集中して通すということ」と語る。

鹿島ではここまで17試合に出場し、2得点。ルーキーイヤーとしては上々の成績だが、当然、現状に満足などしていない。現在チームは2連敗中と調子を落としている。常時メンバーに絡んでいる荒木の奮起にかかる期待は決して小さくない。

次節はホーム横浜FC戦。前回対戦で負けている相手だが、「勝って、勢いづけたい」と言葉に力をこめる。成長著しい18歳のアタッカーは、代表活動で得た刺激をパワーに変えて、久々の勝点3を手繰り寄せるようなパフォーマンスを見せられるか。期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

サッカーダイジェストWebより)

 

今季入団した高卒ルーキーとは思えない活躍を見せている荒木。
ここ数試合は疲労からか精彩を欠いている印象はありますが、
それでも彼がボールを持った瞬間にワクワクさせる空気になります。

高卒ルーキーを積極的に起用して成長させていることは
ザーゴの極めて数少ない功績と言えるでしょう。

チームから離れて代表合宿に参加して
内田篤人コーチや同年代の選手から刺激を受けたであろう荒木が
明日の横浜FC戦でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみでたまらないです。

ザーゴにはアラーノと和泉のスタメン固定を捨てて
荒木をスタメン起用する勇気を期待したい。

荒木には鹿島の10を背負わせるだけの価値があると思います。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク