横浜FC戦の感想

スポンサーリンク

スタメンは予想的中でした。

GK:沖
DF:小泉、犬飼、関川、永戸
MF:アラーノ、三竿、レオ・シルバ、和泉
FW:土居、エヴェラウド

誰でも予想できるザーゴの固定メンバーですから当然ですね。

今日は後半に見事な逆転勝利ということで
本来ならばすごく気分の良い土曜日となるところですが

いやいや、こんな試合をしてたのではダメでしょう。
特に前半が最悪でした。

横浜FCの球際の強さ、しつこさ、執念、そしてプレスの速さにやられ
そして、オフサイド見逃しにもやられて簡単に先制点を許し、
和泉の軽い守備で皆川選手のカットインからのシュートを決められ二点差となってしまいました。

その後もまったくもってペースを掌握され、
レオ・シルバは縦パスを出せずに横に展開するだけだし、
和泉もアラーノも局面を打開するようなドリブルもパスも出せないし

前線で孤軍奮闘する形になってしまったエヴェラウドは決定機を外し

しまいには和泉のヘディンシュートへのハンド見逃しや
白崎に対するPK見逃しもありした。

審判を含めた12人に対し、鹿島は11人で挑む形となり、

これでは絶対に勝てないと思わせる内容でした。

本当にストレスが溜まる内容でした。

5点ぐらい取られるんじゃないかと思いましたよ。

まずスタメンですが、アラーノと和泉の二列目は組み合わせが最悪。
結果が出せないということが証明されていますので本当にやめていただきたい。

アラーノは走るけど、走ってるだけで、凄いスプリント力で抜き去ることもできないし
テクニックで相手を崩すこともできないし
決定的なパスを出せる戦術眼があるわけでもない。

今日はエヴェラウドへのアシストはありましたが、
あれはアラーノのラストパスというよりも、
その前段階とエヴェラウドのシュートの素晴らしさにあるので、
特に彼を賞賛できるものではないかな、という印象。

後半は荒木が投入されたことで中央でプレイするようになって機能していたが
荒木の方がアラーノの何倍も相手の陣内で脅威になっていました。
助っ人が日本人のしかも高卒ルーキーよりも機能しないようでは困る。
しかも背番号7を背負っているんだし。

和泉もキープするドリブルはするけど、突破するドリブルはできないし
バックパスと横パスしか出さないので、
これなら白崎や荒木や松村を起用した方が良い。
勝ち試合でスタメンを休ませるために終了間際に投入するぐらいで良いのではないかと思いました。
11番というレギュラー番号を背負ってスタメンに名を連ねているのだから
もっと闘う姿勢を前面に出して欲しい。
簡単に皆川選手のカットインを許した守備はいただけない。

そんなわけで、まるで攻撃が機能しない後半途中までの鹿島でした。

和泉とレオ・シルバが抜けて荒木と白崎が入ってからようやく攻撃のスイッチが入った感じでしたね。

白崎はボランチの位置に入るシーンもあり、上手く機能していましたし
荒木はパスもドリブルも輝きを放ち、OGと記録されましたがゴールに押し込んだシーンや決勝ゴールのアシストも素晴らしかったです。

ドリブルとパスで局面を打開し、決定機を演出するという素晴らしい働きを見せてくれました。

また、終盤に投入された松村も良かった。
スピードとテクニックを生かしたドルブルは相手に脅威を与えていましたし
鹿島の希望の光となっていました。

交代で入った選手が上手く機能して逆転したことは嬉しいですが、
とにかくスタメンを見直すべきだと思います。

停滞したサッカーしかできない選手ではなく、積極的に勝負を仕掛ける選手で行くべきです。

何もチャレンジせず、無難なプレイのみで勝つことはできない。

ザーゴ猛省して、今日の前半のような無様な試合は二度としないようにして貰いたいです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク