広島戦の感想

スポンサーリンク

勝ちましたね!
過密日程のアウェーゲ連戦の後での勝利でした。

ただ、前半に三竿が佐々木選手の顔を蹴ってしまうアクシデントがありました。
あのシーンはヒヤっとしましたよ、マジで。
佐々木選手に怪我が無くて本当に安心しました。
しかも「大丈夫」と言って立ち上がってプレイに戻る佐々木選手、素晴らしかったです。
足を上げる時はマジで気を付けましょう。
目に入ったりしたら大変です。

まずはスタメンから振り返ってみたいと思います。

GK:沖
DF:小泉、犬飼、町田、永戸
MF:アラーノ、三竿、レオ・シルバ、和泉
FW:土居、エヴェラウド

ザ・ザーゴシステムでした。

CBの一人を町田にするか関川にするかの違いだけですね。

ただ、例によって和泉とアラーノのコンビは結果を出せず
和泉と永戸の左サイドも結果を出せずでした。

アラーノは運動量が豊富なので、いろんなところに顔を出すのですが、
やっぱり中途半端感は否めません。
7番を着けてるんだからもっとPA内にグイグイ入って行くとか
あるいはサイドを深く抉るとかして欲しい。

和泉もやっぱり中途半端でした。
積極的に仕掛けるシーンはほとんどなく、
PA付近でシュートに行こうとしたシーンはあったものの、
判断が遅く、また動きにキレが無くてカットインをしかけたところでボールを奪われてしまうなど、
精彩を欠いたプレイに終始してしまいました。

やっぱりこの2人が揃ってスタメンとなると残念なシーンが目に付きます。
疲労もあるだろうからあまりダメ出しをするのも良くないので、
今日はこの辺で。

あと、土居が消えてました。

攻撃で目立った活躍がほとんど無かったですね。
能力的にこんなもんじゃないはずなので、非常に不満が残る出来でした。
どうしたのか。やっぱり怪我を内緒で引きずっているのだろうか。

トップ下を任されているんだから、もっと図々しくボールに絡んで欲しい。
土居ならばもっとやれるはず。

そんな中で、エヴェラウドはやっぱり素晴らしかった。

怒涛のチェイシングは迫力満点で、本当に献身的でした。
今日のゴールはこの献身的な守備へのご褒美かもしれません。

普段から積極的に勝負し、献身的に守備をしているからこそ巡って来たチャンスシーンだったように思えます。

一人で抜け出して、3人が追って来るところを慌てずにボールをコントロールして
素晴らしいシュートを放ちました。

頼もしいエースストライカーとして地位を確固たるものにしてくれました。

上田はエヴェラウドという最高のお手本がいるのだから、
もっと彼から色んなことを盗んで欲しいな。

後半途中からの出場なのに守備はチンタラチンタラと緩慢でした。
ゴールを決めるためには、エヴェラウドのようにサボらずに常に全力で行って欲しい。
今後も日本代表に召集されるようになるには、ゴールだけでなく守備もできないと難しいと思います。

残りの試合数を考えて、タイトルを獲りに行くのであれば、
二列目の入れ替えと、左SBをなんとかしないと難しい気がします。
SBがエリア内に正確なボールを入れることができないと安定した得点力は期待できません。
SBを活かせる二列目の選手を入れたり、、
山本や杉岡の起用もお願いしたい。

なんとか残りの試合を勝ち進んで最低でも天皇杯の出場枠に入りたい。

とにかく二連勝。
これで良い週末になります。

レオ・シルバの捻った足首が大丈夫でありますよう願います。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク