改めて広島戦の感想

スポンサーリンク

二連勝のおかげで気分の良い日曜日です。

2列目と左SBへの物足りなさからどうしても不満を書いてしまいがちですが、
それを横に置いて改めて見てみると、良いプレイがいっぱいありました。

沖の鋭いセーブには本当に助けられましたし、
小泉の強くてクレバーな守備、そして効果的なオーバーラップをはじめとして献身的なプレイは
ずっと前から鹿島の選手だったような気がしてきます。
これは三竿も一緒ですね。

犬飼も良かった。

前半の攻め上がりは見事でした。アラーノとのワンツーで抜け出したシーンはエキサイトしました。
あれが決まっていたら最高だったんですけどね。
今後はヘッドだけでなく足元の技術でもゴールを決められるCBになってくれるかもしれません。
これは楽しみ。

レオシルバも疲労を感じさせない出来でした。
守備はやっぱり上手い。
ここ一番での駆け引きも上手いので、3人に囲まれたとしても何とかできてしまうのは大きい。
後半に足首を捻ってプレイが中断されたシーンは肝を冷やしました。
その後もプレイを続けたけど、あれはマジで大丈夫だったのでしょうか。
ボランチは三竿、レオシルバ、永木で回していますが、
小泉の疲労を考慮して永木を右SBに回していたりしますので、
ボランチと右SBの選手に何かあると鹿島としては影響が大きいです。
軽傷であって欲しい。

そしてそして、なんと言ってもエヴェラウドっすよ。

荒木から三竿に渡ったパスを三竿が正確なロングフィードでエヴェラウドに繋げたシーンは鳥肌ものでした。
あのボールをジャンプして胸トラップで前に弾ませてゴールに迫って行くエヴェラウドの技術力の高さと
推進力は圧巻でした。
ここ一番で何とかしてくれる彼はまさにエースストライカーです。
ポストもできて、自分でも決められて、しかも守備力も高い、
マルキーニョスのようなレジェンドになってくれるかもしれません。

何とか連勝を伸ばして、順位を最低も2位に上げてシーズンをフィニッシュしたいところ。
エヴェラウドを中心に得点力を上げて、ここから追い上げて行きましょう。

 

それにしても、沖のパントキックを荒木が前線で足元にピタッとトラップしたシーンは痺れましたね。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク