左サイドバックの課題について

スポンサーリンク

鹿島の左サイドバックといえば、現在コーチをしている相馬直樹というレジェンドを筆頭に
アウグストや新井場、そして山本、安西が活躍してくれました。
鹿島が強い時というのは左サイドバックが安定していた気がします。
もちろんそれだけじゃないんですけどね。

ただ、両翼の攻撃と守備がバランス良くできていたからこそ、
安定した勝ち星を積み重ねることができていたのは間違いありません。

今の左サイドバックはどうなのか、というと、
昨年に安西が移籍してしまい、山本が怪我などでなかなか出場できなかったりして
永戸と杉岡という実力者を獲得して盤石な状態でシーズンに挑んだのですが
今ひとつの出来となってしまっています。

前節のDAZNのベストイレブンに永戸が選出されていましたが、
率直に言って物足りなさは残ります。

バックパスで逃げるシーンが目立ったり、
クロスが不正確だったりするので、
歴代の左SBの選手と比べるとどうしても物足りないのです。

今季はむしろ右SBの方が不安でした。
広瀬は獲得したものの、内田も伊東も怪我などでコンディションが万全になっていない中で
その広瀬が怪我で離脱という事態になってしまっので
「果たして大丈夫か?」なんて思っていたのですが、
小泉が素晴らしい活躍を見せて広瀬の負傷の穴を完璧に埋めるだけでなく
さらにレベルを押し上げてくれています。

それだけに、左SBの出来が気になってしまっています。
ザーゴはベテランを排除したいのか山本を起用しませんので
永戸がファーストチョイス、杉岡がバックアップという序列になっています。
能力的に新加入の2人は「行ける」と思います。
問題は、左SBを使った攻撃の構築が確立されていないんじゃないのかな、というところ。

2列目の選手やボランチとのコンビネーションがあってこそSBは攻撃に入れるわけで
ここが上手く連携できてないと、個人だけではどうにもならない部分があります。

ポゼッション優先というザーゴの意図があるのかもしれないですが、
オーバーラップを仕掛けるのであれば、効果的なクロスを供給するところまでやって欲しいです。

これまで鹿島には「良い左SB」と評価されて移籍してきたものの、
輝きを放つことなく去って行った選手が何人かいます。
ただ、永戸と杉岡は見ていて、そういった選手たちよりも圧倒的に能力が高いのが分かるので
輝きを放ってくれると期待してしまうのです。

鹿島のレジェンドのSBの1人になれるぐらいの潜在能力は絶対にあるはずなので、
今季の残りの試合でそれを証明して欲しいです。

永戸と杉岡、山本でハイレベルなポジション争いをして、
「やっぱ鹿島の左SBはすげえわ」と言わせて貰いたい。

だって、残りの試合を勝ち進んで天皇杯に出場できるところまでは
絶対に行きたいじゃないですか。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク