残り8試合をどう闘うか

スポンサーリンク

今季のリーグ戦は残り8試合
そして、そのうち6試合がホームゲームということですが、

現実問題としてリーグ優勝はあり得るのかというのを真面目に考えた時、

願望では奇跡の優勝を信じたいというのはもちろんありますが、

首位の川崎が勝点65です。鹿島とは20も差があります。
そして、川崎の残り試合は10試合。

冷静に考えて、鹿島が全勝しても勝点は69ですので、
川崎が残り10試合で2勝した時点で鹿島の優勝はあり得ません。

というところを見て行くと、やはり2位に入って天皇杯に出場する以外に
今季のタイトルを獲る途は無いですね。

というわけで、

本来ならば2位じゃダメなんですけど、
2位にもなれなければ今季も無冠になってしまうので

残り8試合中6試合をホームで開催できるという利点を最大限に活かして
しっかりと2位に入って貰いたい。

しかし、現時点でリーグ戦の消化状況に差があり、
鹿島よりも上位にいるチームはF東京を除いて鹿島よりも少ないのです。

これがやっぱりネックというか懸念材料だったりします。

本来ならば、現時点で首位に立って横綱相撲を見せていて欲しいところなのに、
それを他チームがやってくれているのが本当に悔しいです。

すでに9敗もしてるのが本当に痛い。

というわけで、今後の鹿島としては、課題となっている守備力の安定と
左SB、そして二列目の攻撃力をなんとしてもレベルアップさせる必要があります。

基本に戻って球際での勝負に絶対に負けないという鹿島らしさを取り戻して、
鹿島らしい堅守を取り戻して欲しい。

そして左SBについては、レジェンドである相馬直樹という最高のコーチがいるのだから、
山本も永戸も杉岡も積極的に彼に教えを請うようにすればいいのではないでしょうか。

今の鹿島の左サイドの課題を解消すれば、攻撃力は各段に上がるはず。

連携することが多い中盤の和泉も含めて、残り試合で2位に入るために全力を尽くして欲しい。

ホームゲームの6試合は全勝して、その勢いで天皇杯を獲りたい。

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク