名古屋戦の感想

スポンサーリンク

残念な試合でした。

いや、率直に言って、不細工でみっともない試合でした。

試合終了間際の沖のフィードが敵にドンピシャでショートカウンターを喰らって失点してしまったのは非常に悔しい。

キックの正確性が長所である沖が、あんなミスをしてしまったのは残念。

それまではファインセーブもあったし、
PKで決められたのを除けば、守護神としては機能していました。

それだけにあのシーンは不甲斐ない。

GKやDFはワンミスが命取りになってしまうということを学ぶ機会になってしまいました。
代償は大きいですが、今後の成長に繋げて貰いたい。っていうかそれでしか報いることはできない。
ナビスコ杯でPKを外した小笠原満男がその後大きく成長したように、沖もこれを機に大きく成長して欲しい。
じゃないと来季は明治大学からライバルが加入するのでマジで頑張れ。

ただ、沖の件はともかく、正直言って同点に追い付ける状況じゃなかった気がします。

それぐらい、チームとしては不甲斐ない試合でした。

特にやっぱり二列目がダメダメでした。
っていうか、和泉とアラーノがどうにもならない。
和泉は攻撃を停滞させるだけでなく、相手にPKを与えるお粗末なプレイをしてくれました。
相手が背後から来ていることが気配で分からなかったのでしょうか。
ボールを蹴り出そうとしていたのかもしれないけど、間合い的に届いていたのか微妙。
ホームゲームで古巣に先制点をプレゼントしてしまうのはどうにも許せないです。
しかもPKを決めたのは鹿島の10番を無責任にもシーズン途中で捨てて移籍して行った過去を持つ金崎選手。
おかげで最悪な先制点となりました。

和泉の膝の怪我の具合は心配されるものの、今季はこのまま療養していただいて、
なんなら来季もゆっくり療養して試合に出場することなくどこかに移籍していただきたい。
荒木も松村もいる。この2人は和泉よりも上だと思う。

そして、アラーノもダメでした。
カウンターで攻め上がってシュートを放つという積極性は見られましたが、
やっぱりシュートは決まらない。
あの程度のプレイしかできないのであれば助っ人にはならない。
挙句の果てに退場処分まで受けるというのは失態でしかない。
退場となったシーンは何度見ても悪質。
すでにイエローを貰っていたのにあのプレイをしてしまうのは大問題。
マジでブラジルに帰って貰いたい。
今後、彼が鹿島で花開くことは絶対に無いででしょうね。
これだけ重用されていて、違いを生み出せないというのは並以下であることの証明です。
次節が出場停止で一試合でもアラーノの姿にイライラさせられなくて済むのが嬉しい。
フロントは彼のどこを評価して獲得したのだろうか。

他にも色々とイライラさせられるシーンが満載でしたが、
やっぱり二列目をなんとかせんとダメですよ。

首位の川崎の勝点差が24になり、鹿島は全勝しても21しか伸ばせないので
これでリーグ戦の優勝の可能性が完全に無くなりました。

二位に入って天皇杯に出ることしかタイトルのチャンスがありませんので、

ザーゴには自分の落ち度を認めて、頭を丸めて出直すぐらいの気持ちで残り試合を勝ち抜いて欲しい。
まあ、頭はすでに丸まってるんですけどね。

っていうか、ザーゴはすでにACL、ルヴァン杯、リーグの三つのタイトルのチャンスをすべて潰しているし、
シーズン終盤に入ってもザーゴサッカーの完成形が未だに見えない以上、来季の続投はありえないです。
なんなら石井さんに復帰して貰った方が勝てるチームに戻せると思う。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク