横浜FM戦の感想

スポンサーリンク

前半で2点を取られたものの、
その後3ゴールを決めて逆転勝ちとなりました。

いやあ、鳥肌が立ちましたね。

今日のスタメンはこちらでした。

GK:沖
DF:小泉、犬飼、町田、永戸
MF:荒木、永木、レオ・シルバ、エヴェラウド
FW:土居、上田

前節にミスが目立った町田を変えて来るかと思ったのですが
ザーゴの町田好きは相当なもののようで、スタメン起用でした。

注目していた二列目は荒木とエヴェラウド
MFに下がったエヴェラウドの代わりに上田がFWでスタメンとなりました。

が、
前半は良くなかった。

守備がザルで簡単に二失点を喫してしまい、
これではこの試合は5失点ぐらいしてしまうんじゃないかと思ってしまうほど。

一失点目は右MFに入った荒木が早めに相手をチェックしに行けていれば
状況は変わったかもしれないですが、一年目の荒木に的確な声がけをあそこで永木あたりがやっていてくれてれば、とも思ってしまいます。

が、いずれにしても、横浜FMの崩しも上手かった。

二失点目は永戸が上がってがら空きになった左サイドの裏を突かれてしまいました。
レオシルバあたりがあそこにカバーに入っていてくれるシーンであって欲しかったですが
同点に追い付くために前がかりになっていたこともあってあんな状況になったのかな、と思います。

前半は期待の荒木が今日はあまり上手く立ち回ることができなかったり
いつものダメな時のザーゴサッカーになっていました。

しかし、エヴェラウドだけは違ってました。

彼が二列目に下がったことで、これまで攻撃を完全に停滞させていた左サイドの攻撃が活性化しました。

これが徐々に効果を発揮して行き、遠藤が入った後半からチームは息を吹き返すことになりました。

エヴェラウドのキープ力、突破力、ゴールへの推進力はやっぱり凄い。

和泉が怪我で離脱したことが功を奏した形となり、
いかに和泉が鹿島の攻撃を台無しにしていたかが証明されてしまいました。

エヴェラウドは凄い。
技術レベルが高く、献身性があり、フィジカルも強く、視野も広い。
狭いスペースでもキックのスイングスピードがべらぼうに速いため強力なシュートを放てます。
アタッカーのお手本のような選手ですね。

彼のキープや突破から今日は何度もチャンスを作ることができました。

文句なしに今日のMVPだと思います。

土居のレンジの長いラストパスを上田が見事なトラップからゴールを決めて

エヴェラウドが中に切れ込んでからの弾丸シュートで同点に追い付き、

途中交代で入った伊藤翔の正確なセンタリングを遠藤が芸術的なボレーシュートで逆転を決めた時は
鹿島アントラーズのアタッカー陣の質の高さを再確認しました。(アラーノと和泉を除く)

交代で入った名古と常本もまあまあいい動きを見せていたのも良かった。
これならば、二列目の選手層は盤石だし、
右SBの小泉のバックアップも目処が立つかもしれません。

この調子で残り試合を全勝して貰いたい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク