今季加入した選手についての感想(外国人選手編)

スポンサーリンク

今季加入した外国人選手はエヴェラウドとファン・アラーノの2名です。

まずは、、、アラーノから行きますか。

うーん。

とにかく献身的に走る選手です。

ただ、残念ながら日本人選手との能力の違いが見当たらないです。

走るけど、空回りが目立つし、
シュートも鋭さと正確性が足りない。

動き回るけど、シュートは入らない。
ドリブルで相手を抜き去ることはできない。

かと言って、パスで局面を打開できるわけでもない。

となると、外国人枠を使って起用するレベルでもないかな、というのが正直な印象です。
開幕前はキャンプレポートなどで評判が良かったので、

スピードあるドリブルでゲームを作ってくれる選手が現れたかと期待していたのですが、
期待に応えるような大活躍というか、日本人選手には敵わない圧倒的な能力は証明できていません。

シーズンが進むにつれてチームが熟成して行く過程でブレイクするかな、と思っていましたが

ブレイクしたのはエヴェラウドだけというのが現状です。

シーズン終盤でもこの状態なので、アラーノが今後覚醒する可能性は無いと思います。

MFは遠藤を軸に荒木や松村を起用して行かないと天皇杯に出場するのは厳しいのではないでしょうか。

少なくともこれまでのようにアラーノが優遇されるようだと、残り試合を全勝するというのは難しい気がします。

 

 

そしてエヴェラウド。

シーズン開幕当初はまったくもって実力を発揮できませんでした。
これはエヴェラウド個人に問題があったというよりも、
チームとして意思が統一できなかったことで、欲しいところにボールが来なかったというのが大きかったようで
チームが全体の呼吸が合うようになるにつれてゴールを量産してくれるようになりました。
序盤にゴールを決められなかったこともあり、「ハズレ」的なコメントを目にすることもありましたが、
今では絶対的な攻撃の柱です。

優磨が去ってからFWの柱が不在となっていましたが、
エヴェラウドによって完全に優磨の抜けた穴は塞がれましたね。

個人的にはマルキーニョス以来の当たりだと思います。
なかなかブラジルから直接連れて来たFWで大当たりを引いたことがない鹿島スカウトにとっては
アルシンド以来の快挙と言えるかもしれません。

技術、強さ、運動量すべてが最高レベル。

圧倒的なスイングスピードで放つシュートは、距離を詰めて来たDFがブロックに行っても間に合わないというシーンを何度も見ましたし

高い技術で決めたスーパーゴールの数々に何度も魅了されました。

ゴールへの積極性と確かな技術があることを証明してくれています。

フィジカルの強さと技術力を活かしてボールを収めてくれるので、
周りも攻撃に入りやすい。

守備についても、前線から献身的にプレスを仕掛ける外国人FWなんてマルキーニョス以来です。

よくもまあ、こんな素晴らしい選手を獲得したものです。

最高過ぎます。

彼と一緒に天皇杯を勝ち取って共に喜びを爆発させたいです。

 

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク