川崎戦の感想

2020-11-15

スポンサーリンク

永戸がコロナに感染し、さらに濃厚接触者ということで杉岡大暉、荒木遼太郎、町田浩樹、関川郁万、山田大樹、常本佳吾も欠場となりました。
コロナに感染した永戸の回復と濃厚接触者の選手たちが感染してないことを願うばかりです。

さてさて、このためスタメンは

GK:沖
DF:小泉、犬飼、奈良、山本
MF:アラーノ、三竿、レオ・シルバ、エヴェラウド
FW:土居、上田

となりました。

荒木が欠場なのは非常に痛いのですが、
CBには奈良、左SBに山本ということで、
ディフェンスライン的にはダメージは無く、
むしろベストの組み合わせとなりました。
っていうか、いつもこの組み合わせにして欲しい。

ボランチはいつも通りのコンビですが、
二列目がエヴェラウドは良いのですが、右に入ったのがアラーノでした。
FWは土居と上田の生え抜きコンビ。
上田は調子が上向いているので期待ができると思いました。

いざ、試合開始となりましたが、
やっぱりアラーノがダメダメでした。
カウンターで絶好のチャンスをまんまと外してしまっただけでなく、
不正確なバックパスをまんまと川崎にインターセプトされて
脇坂選手にゴールを決められるという大失態。

アラーノの良さが分からない。
スピードに乗ったドリブルでさらに一段ギアを上げて相手をぶち抜くこともできないし
テクニックで相手を抜けるわけでもないし
緩急や小回りも相手を翻弄できるわけでもないし
シュートは下手だし、キックも正確なわけでもない。

たらればは言いたくないけど、今日は彼がカウンターでゴールを決めて、バックパスをミスしなければ
2-0で勝ててましたね。

シーズン終了を待たずにブラジルに帰国していただきたい。

それにしても、奈良がいる安心感は凄かった。
パスミスがちょっとあったものの、彼が一番後ろに居てくれると凄く安心できる。
アラーノのせいで三苫選手にゴールを決められたシーンは仕方ない。
それ以外は奈良がいることで要所を潰してくれていた。
これが町田や関川だとかなり状況が変わって来てしまう。
生え抜きなので二人には頑張って貰いたいけど、奈良の方が数段巧いと感じました。
奈良を干してるザーゴは本当にアホなんだな、と改めて実感することとなりました。

それにしてもエヴェラウドはやっぱり素晴らしい。
二列目で苦しんでいたけど、後半は重戦車のごとく突破してシュートを放ってくれて
相手に脅威を与えてくれてました。
そして、しっかりと同点ゴールを決めてくれるんだから、やっぱりエースです。
アラーノとは大違い。
エヴェラウドがいなかったらと思うとゾッとします。

それにしても、勝ちたかった。
勝てる試合だっただけに本当に勿体ないと思います。

次節の仙台戦はどうなるのか、今後の状況が懸念されるところですが、
とにかく勝つしかありませんので、出られる選手に踏ん張って貰って
なんとしても二位を確保して貰いたい。

ただ、三竿が次節出場停止なのは痛い。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク